メイクというものは、とてつもなく力を持ったものですね。それまで私は所詮顔に多少の色をつけるだけで、根本的な解決どころがごまかしすらも中途半端にしかできないもの、という目でメイクというものを見ていました。しかし私が思っていた以上に、メイクというものは大きな可能性を秘めたものであることがわかりました。 メイク一つで、人の印象というものは大きく変わります。一重の人でも二重に、顔色が悪い人でもばら色の頬に。あらゆるコンプレックスのほとんどは、上質なメイクで解決することができるものなのですね。 メイクはコンプレックスを抱える人にとって、自分に自信を持つことができる重要なものです。そしてそれを見る人にとっても、その人の新たな魅力を知ることができるという点で、有意義な存在です。 メイクの方法に限界はなく、今まで通りこれからも新たな技術が発見され続けることでしょう。私たちは、その技術をしっかり習得する必要があります。 メイクの一番のメリットは、誰にでもその恩恵を受けられるところにあるのです。