肌がカサカサになり荒れてしまう要因として、ビタミンが不足していること、疲労、寝不足、ストレスが溜まってることなどが考えられます。 まず最も簡単なのが疲労と寝不足についてです。疲労度のたまり具合と就寝時間のバランスを調整して、体の疲労度を軽減させることが求められます。そしてストレスですが、引っ越しをしたり勤務地が変わった、または気に入らない上司が近くにいるなど精神的に追い込まれてくると、その結果が肌荒れとして現れてしまいます。 時にははっきりとした湿疹として体全体に赤いブツブツが出てくることもありるそうなので、信頼のおける人に相談するなど、根本的なストレスの原因を取り除く努力が必要になってきそうです。 そして肌に関連するビタミンはビタミンC、そしてビタミンBです。ビタミンCに関しては柑橘類など酸っぱい果物を中心に食べます。清涼飲料水などにも入っていますが、果物を食べて得られるビタミンCと同じ成分なのでレモン風味ドリンクでもOK。 ビタミンBは、豚肉(特にレバー)そして乳製品や大豆製品などに多く含まれてます。肩こり改善がメインとなる錠剤にも多く含まれており、肌荒れ改善以外にも疲労回復効果なども期待できます。