「スプレッド」とはFXは通貨を売り買いして利幅を稼ぐ取引です。売買の価格は、1日中変化しています。それが為替レートです。インターネットを見ていると通貨の為替の情報が流れる場面があります。よくあるのが「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。言い換えると、売り買いには買値と売値の2個の値段があるという事です。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引業者も存在しています。普通は売値の方が買値よりも低い値段に設定されるものです。あなたが買うときには高く、売るときには安くなっています。この差をスプレッドといいFX会社の稼ぎとなっています。スプレッドの狭さは業者によって変化します。スプレッド幅は利用者にとって負担になるので低いFX業者をセレクトするほうが得です。ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドは変わります。もしドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドだとしても、レートの上下動がかなり激しい状況では1銭よりも大きくなったりする場合があります。という訳で、スプレッドが低いのと変わらない事が大切です。今では変わらないスプレッドの幅を見せる取引業者も多数存在します。リアルにFX業者の売買画面上で実際のレートをチェックしなければ区別できないのでわずらわしいですが不可欠な事です。多くのお金を投入して取引をするわけですから、現実の売買の前に、気になるFX取引会社の新規口座開設を全部して、示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。同じ通貨でも、その時間帯の為替の状態によって、通貨ペアのスプレッドの幅は異なる場合があります。おおむね、インターバンクマーケットで取引量の多い通貨の組合せではスプレッドの広さが小さくその他の外貨ではスプレッドの幅が大きくなる事があります。